日本での看護師の年収

日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。けれども、国立とか私立、県立などの公立病院で働く看護婦は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護婦は給料が上がる率も民間より高く、福利厚生の点でも充実しているのです。

 

準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。既婚で子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。

 

病院ではないところで働くには、そこに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが応募理由です。どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好感をもってもらえるように表すのは簡単ではありません。

 

たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか勤務条件の利点を並べるのに比較して、ナースとしてスキルアップしたいといった、やりがいを求めているような応募理由のほうがパスしやすくなるでしょう。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。現場では一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれていることが多いです。

 

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制を望む看護婦も多いです。看護婦産業看護師とは、企業を職場とする看護婦のことを指します。

 

看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の内容や役目は働く会社により様々ですが、従業員の健康を守り、管理することは必ずすることだと思います。