助産師とは

 

助産師とは、出産の際に赤ちゃんを取り上げる重大な役割を担う他、母親に対する産前産
後の指導・ケア、新生児の観察やへその緒の切断・傷口の処置、沐浴なども行い、妊娠か
ら出産、育児まで幅広く、母子共に健康面の介助活動を行い、初めての妊娠や出産を迎え
る妊婦に対しては、妊娠中の過ごし方や体のケアから、出産後の育児の行い方、新生児と
の関わり方なども入院中にサポートしてくれる為、助産師は生命の誕生になくてはならない職業なのです。

 

また助産師は、看護専門学校の3年制または看護短大の3年制を卒業後に、助産師養成学
校に入学し、助産師学科や助産学専攻学科など、科目実習以外にも10例ほどの分娩実習
を1年の学習過程内にて修了した者だけに、国家試験を受験できる資格が与えられる事に
なっています。

 

もしくは、4年制の看護大学の必要科目を履修し卒業すると、看護師の国家試験と助産師
の国家試験の両方が受験出来るようになります。

 

助産師としての資格を取得するまでも、膨大な学習過程があるといえますが、助産師とし
て資格取得後の職場状況には、出産が中心となる為、最も精神力の強さと体力が求められる職業となっています。

看護師の転職理由は出産など?

 

看護師は他の職業と比べて転職が活発な職業です。
看護師が転職理由は様々ですが、その中には出産なども含まれています。

 

男性看護師も増えてきているとはいえ、まだまだ看護師は女性がほとんどを占めている職業です。
当然結婚や出産、育児というライフスタイルの変化のために、看護師を続けられず退職される方や激務の職場からもっと緩やかな職場へ転職しなければならない方もでてきます。

 

特に看護師の仕事はハードです。
日中の仕事事態がハードであることはもとより、残業は夜勤などで子育てに取れる時間がまったくない職場もあるでしょう。

 

仕事と私生活を両立するために、出産や子育てに関係なく夜勤の少ない職場や残業のない職場を探して転職する看護師は多いです。
出産や子育てで私生活が忙しい看護師ならば、なおのこと夜勤の少ない職場や残業のない職場に転職する必要があるでしょう。

 

出産の場合育児休暇をとるという手段もありますが、忙しい看護師の職場では育児休暇をとることはあまり歓迎されません。
出産後サポートの無い職場に復帰するよりも、ある程度子育てしてからもっと良い環境の職場に転職するのも一つの手段です。

3ページ表示

#サイト名PRリンク